--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
今日は、我が家のランチの定番「ステーキ丼」のレシピを投稿しますね。

息子2人だと、お肉系+どんぶりものの出番が多いんですが、その中でも超かんたんなのが

このレシピです。



ここを毎日一回クリックして、応援おねがいします♪


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
一日一回クリックで応援おねがいします。にほんブログ村

IMG_0781カットステーキ縦


我がサクダヌポン家の上の方の息子は、とりあえず無事大学入学が決まり、これから1年間、

ナコンナヨックという県のキャンパスへ通うので、寮生活をすることになりました。

今日はその寮に荷物を運びこむ日でした。

朝から新しい大学の制服を着て出かけました。

タイの大学の制服は白いシャツと黒いズボンです。形はある程度自由です。


私も夫も仕事でしたので、朝はお友達の車に便乗し、帰りは長距離バスで

帰って来たのですが、バンコクに着いてからローカルバスに乗り換えて

帰宅するまでの間の話です。

女子同級生と一緒に座席に座っていたら、横に立っていたおかまじゃないけど、

おねぇはいってる20代の男性が、

急に「身長高いね、何センチ?」ってきいてきたんですって。

で、唐突だったんで、兄も「170cmちょっと・・・」って答えたら。

「どこの大学?」「どこに住んでるの?」とか聞いてきたそう。

で、となりの女子同級生に話しかけて、シカトしたんだそうです。

彼女も日本語を勉強している子なので、「きもい」とつぶやいていたそうです。


その「トゥット」は、多分その「きもい」の意味はわからなかったと思いますが、

もし、「おかま」とか言う言葉だったら気づいたかも・・・。

ところで、「トゥット」については、私の過去の記事を参考に、

タイの性同一事情についてお勉強して下さい。

広東式飲茶 ♪ かねてからタイ人の性別の分類について研究中


まあ、これだけのことなんですが、いかにタイにはおねぇ系が多いか、

何となくお分かりいただけると思います。

1台のバスの中にも、最低一人、多ければ3人はいそうなほどの確率です。

大げさに言ってるんじゃないいにですよ。


まあ、これだけのことなんですが、いかにタイにはおねぇ系が多いか、

何となくお分かりいただけると思います。

1台のバスの中にも、最低一人、多ければ3人はいそうなほどの確率です。

大げさに言ってるんじゃないんですよ~。

よろしければ、以前の私のブログのおねぇ(さん)も見てみて下さいね。
★タイ人ビューティ  どっちに見える? すごい美人!


IMG_0777カットステーキ


では、お話がまた過ぎました~f(^^;)

この手の話はいつも過ぎてしまいます。スミマセン。


さくっとカットステーキ丼
【材料】 (2人分) 
牛肉(ステーキ用)・・・250g
塩/こしょう/ガーリックパウダー・・・各少々
エリンギ・・・100g
さやえんどう・・・6枚

A かけダレ
砂糖・・・大さじ1
みりん・・・大さじ2
酒・・・大さじ2
しょうゆ・・・大さじ2。5
オイスターソース・・・大さじ1

【準備】
・牛肉 使う20分前に冷蔵庫から出して常温にしておく。
使う直前に、肉の両面に塩、こしょう、ガーリックパウダーを振ってから
2.5cm角に切る。
・エリンギ 半分の長さに切り、 薄く切る
・さやえんどう  筋を取っておく

【作り方】
1.器にごはんをよそう。

2.フライパンに植物油を入れ、火にかけてエリンギとさやえんどうを炒めて塩こしょうで
軽く味付けをして、ご飯の上に広げるように置く。

3.フライパンに植物油を少々追加し、強火にしてフライパンを熱くする。
フライパンが熱くなったら、カットした牛肉を入れ、各表面を焼き付ける。

4.火を切り、蓋をして30秒ほどおき、余熱で調理する。

5.牛肉を取り出し、きのこの上に置く。

6.フライパンを火にかけ、強火にし、Aを入れ、やや煮詰まるまでフライパンを回しながら加熱する。
照りととろみが出たら火を切り、ステーキの上からまわしかけて出来上がりです。

IMG_0782カットステーキ

【Tips】
*カットステーキは、六面全部の表面を手早く焼きつけます。
*カットステーキは、かなり早く火が入るので、長く焼き過ぎないようにします。
*ステーキの全面を焼くのが大変という方は、フツーに1枚のステーキを焼いて
後でカットすれば楽ですよ! その場合は、余熱を1分くらいに延長します。
*オイスターソースがない場合は、おしょうゆを大さじ3に増量して下さい。

*我が家では、カットステーキ丼はお昼ごはんに
作ることが多いのですが、Lunchにクオリティの高いお肉を使うことは、
家庭の事情ではばかられるので、いつも(脂気のない)赤身のモモ肉を使っています。
日本の皆さんは、オージービーフなどを使われるといかがでしょうか。
焼き過ぎなければ美味しくいただけると思います。
バンコクでは、タイフレンチブッチャーリーのモモ肉を使っています。



ステーキと一緒にルッコラのサラダを添えました。

ガーリックオリーブオイル+バルサミコ酢+塩黒コショウです。

IMG_2188.jpg
お肉屋じゃなくって、トンロー(バンコク中心部)のレストラン「陳フカヒレ」・・・
行きたいな(⌒◇⌒)



これからも時間が許すかぎり、美味しいお料理を紹介していきますね。
応援クリックしていただければ、うれしいです。ほんと♡



上のレシピブログの文字を一日1回クリックして応援して下さいね♪



ブログ村ランキングもがんばってます。一日1回クリックよろしくどうぞ (m。_。)m
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
一日一回クリックで応援おねがいします。にほんブログ村


tabelatteのレシピ
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://asianherb.blog.fc2.com/tb.php/32-1a2aaaa6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。