--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2012.06.19(Tue):タイ料理(お肉系)
皆さん、こんばんは。

今日は月曜日、長男のDaiお兄たまも昨日、大学の寮へと帰って行きました。

実家に宿泊した金曜、土曜の夜、二夜とも自分の部屋の電気つけっぱなしで

寝ていましたね~!

IMG_2594バイトーイ接近

ところで、先週のタイ料理Bクラスのメニユー、鶏肉をバイトゥーイという葉で包んで

揚げたお料理なんですが、これがまた独特の歯の香りがして美味しいんです。

日本にはない葉っぱの香りでしょうか・・・。



ここを毎日一回クリックして、応援おねがいします♪



にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
一日一回クリックで応援おねがいします。にほんブログ村



IMG_2675葉

バイトゥーイ
英名 パンダンリーフ
東南アジアで多くの料理に使われる。
タイ米を炊いた時のような香りが特徴で、煮出してお茶にしたり、
よもぎのように繊維をつぶして色素を出し、お菓子やクリーム、麺などの色香り付けに使われたりする。
他の用途としては、菓子を包んだり、鶏を包んで揚げたりするのに使われる。
花屋では、ランの花と一緒にまとめられて、お供え用にも使われる。


タイ料理店に行くと、ファラン(タイ人は白人をこう呼ぶ)も
日本人もよく注文するのが、

この「ガイホーバイトゥーイ」です。
ガイ・・・鶏
ホー・・・包む
バイトゥーイ・・・パンダンリーフ
という意味。


IMG_2592バイトーイ縦



下味をつけた鶏を、このバイトゥーイで包んで揚げると、青臭くないこの葉の

ご飯を炊いた時の香りが香ります。

タイ米が苦手な日本人も多いのですが、それは独特の香りがあるからなのだと

思いますが、このバイトゥーイはその香りにそっくりなんです。

だからバイトゥーイのお茶も、スパやレストランなどでよく出されますが、

薄い緑の冷たいお茶で、何か分からずに飲んでいる外人も多いと思います。


タイ人は、みな口を揃えて、

「いい香りでしょう?」と鼻をふくらまして、

よい香りを吸い込んだ時の顔をします。


タクシーの運転手は、よく後部座席の上にバサッとこの葉の束を置いています。

たばこなどの匂いを消すためだそうですが、自然の葉の香りを楽しんでいるのです。

こじゃれたことするじゃない!タイ人のタクシー運転手も!・・・


なんて思ってはみたけど、実のところは次のようなところかもよ!

それは、

タバコばかりではなく、自分が昼に食べたにんにくたっぷりの

ソムタム(パパイアサラダ)のげっぷの匂いを消そうとしているのかもしれない!

ってこと。

タイに来たことのある方でお心当たりのある方、多いと思いますよ!

すみません、お聞き苦しい話になりましたが、実際、車内が「くさくさ~っ!」ってこと、

多いんですよ。 お客さんがいても、平気でgeppuするしね。 ふふふ。




IMG_2595バイトーイ横520
もう1品はえのきたけのヤム(サラダ)です。

鶏のバイトゥーイ葉包み揚げは、鶏のもも肉やむね肉に、ニンニク、黒コショウなどを

クロック(ハーブをつぶす臼)でたたいたものに、

白醤油、黒醤油、オイスターソースなどで、下味をつけて、包んで揚げます。

葉にくるまれているので、水分が飛ばず、しっとりジューシーに揚がる上、

葉の香りで美味しくいただけます。


お料理クラスでは、皆さんに実際に鶏肉を包んでもらいます。

下味をつけたぬるぬるの鶏肉をつつむのですから、こんな大変なことはありません。

器用にさくっと包む方もいれば、何度もやり直している方もいらっしゃいます(笑)

揚げる時は、中低温の油で、じっくり揚げます。高温で揚げると、葉の水分が飛び散って、

ヤゲドをしそうになります。


食べる時は、包んだ葉をはずしてお肉だけを食べます。

タイレストランでは、ほとんどのお店にありますが、

お店によっては

胸肉を使っているところもあって、そういう時は私はがっかりしますね。

確かにこの揚げ方ですと、胸肉でもジューシーではありますが、

やはり、もも肉の味わいにはかないません。

機会があったら、タイ料理店でトライしてみて下さいね!

これからも時間が許すかぎり、美味しいお料理を紹介していきますね。
応援クリックしていただければ、うれしいです。ほんと♡



上のレシピブログの文字を一日1回クリックして応援して下さいね♪


ブログ村ランキングもがんばってます。一日1回クリックよろしくどうぞ (m。_。)m
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
一日一回クリックで応援おねがいします。にほんブログ村






スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://asianherb.blog.fc2.com/tb.php/48-1e0ac724
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。